クーリングオフ手続を専門とする行政書士平子幸成事務所です。お客様のご依頼に即対応いたします。

マルチ商法

マルチ商法

マルチ商法は、法律上は「連鎖販売取引」といいます。

マルチ商法という言葉の印象が悪いことから、「ネットワークビジネス」「マルチレベルマーケティング」「MLM」と称する場合もあります。

違法なネズミ講と比べ、マルチ商法は合法ですが、悪質な勧誘が行われることがあり、トラブルのご相談が多く寄せられています。

マルチ商法の仕組みを簡単に言えば、会員が新しい会員を勧誘し、入会契約と商品の購入契約を行うものです。

知人や友人に勧誘されて、断れずにセミナーに参加して契約するケースや、会社の先輩や、同級生にファミレスなどで勧誘されるケースが代表的です。

「新しいビジネスで絶対に儲かる」などと勧誘を受けることがありますが、実際には出資した金額を回収することが ほとんどできないため、結果として「だまされた・・・」と感じる方が多いようです。

クーリングオフ期間は20日間ありますが、断りづらい状況であったり、購入した商品を使用してしまったために、クーリングオフを断念してしまう方もいると思います。

しかし、クーリングオフは消費者の権利です。

クーリングオフをお考えの方や、不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

マルチ商法の解約事例

 連鎖販売取引 大阪府 20才 男性 契約金額41.7万円
 友人に誘われ、ファミレスで契約。浄水器・洗剤などを販売し、会員を増やしていく契約内容。最初は適当に断ろうと思っていたが、自分ひとりではなかなか断りきれず、当事務所でクーリングオフ手続代行。
 連鎖販売取引 岐阜県 21才 女性 契約金額39万円
 友人からメールで食事に誘われ、ファミレスに行くと、業者の担当が待っていた。化粧品の購入を勧められ契約したが、話を聞いていくうちにマルチだと気付き、クーリングオフを決意。当事務所でクーリングオフ手続代行。
 連鎖販売取引 愛知県 20才 女性 契約金額39.5万円
 友人に良いアルバイトがあると誘われ、説明会に行った。内容はフリーペーパーに掲載する店舗を増やし、掲載店に機械を設置していく契約。マルチ商法ではないと説明を受けたが、不審に思いクーリングオフを利用。当事務所でクーリングオフ手続代行。
 連鎖販売取引 千葉県 21才 男性 契約金額22.8万円
 友人に紹介され、セミナー参加後に契約。日用雑貨を販売しながら、会員を増やしていく契約だが、大量に購入した商品は手元にはなく、別の会員の所で保管する仕組みになっていることに不審に思い、クーリングオフを決意。当事務所でクーリングオフ手続代行。
 連鎖販売取引 大阪府 51才 女性 契約金額38.6万円
 友人からの紹介で、幼児教材を利用する会員を増やす契約を締結。書面交付から20日以上経過していたが、商品が手元になかったためにクーリングオフを利用。当事務所でクーリングオフ手続代行。

 

お一人で悩むよりも・・・
お気軽に無料相談をご利用下さい。

TEL 090-4210-2557(携帯電話)
TEL 054-334-9355(一般電話)

無料相談フォーム

 

無料相談サポートダイヤル TEL 054-334-9355 24時間OK [土日祝日も対応]

事務所案内サイドバナー
ひらこプロフィールサイドバナー
代行料金
サポート・フリーダイヤル

クーリングオフブログ

事務所トップサイドバナー
PAGETOP
Copyright © 行政書士平子幸成事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.