クーリングオフ手続を専門とする行政書士平子幸成事務所です。お客様のご依頼に即対応いたします。

錯覚商法

錯覚商法

公的な機関の名称と紛らわしい名称で消費者に近づき、意に反した申込みをさせるのが錯覚商法です。

有名なものは、水道局、電力会社、公団等とそっくりな名称を使い、浄水器、節電ブレーカー、電圧調整器などの購入を迫ったり、公営住宅申込み手数料を請求するものです

訪問販売に該当すればクーリングオフできますし、業者の不実告知(ウソの説明)があれば、契約の取消の対象にもなります。

悪質な業者の行為は、業務停止等の行政処分の対象となる行為ですが、消費者の側も申込み等を行う際は十分に確認しましょう。

 

詳細はサポートダイヤル までお問合せください。
TEL 090-4210-2557 (携帯電話)
TEL 054-334-9355 (一般電話)

 

無料相談サポートダイヤル TEL 054-334-9355 24時間OK [土日祝日も対応]

事務所案内サイドバナー
ひらこプロフィールサイドバナー
代行料金
サポート・フリーダイヤル

クーリングオフブログ

事務所トップサイドバナー
PAGETOP
Copyright © 行政書士平子幸成事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.