クーリングオフ手続を専門とする行政書士平子幸成事務所です。お客様のご依頼に即対応いたします。

2次勧誘

2次勧誘

2次勧誘とは、過去に何らかの契約(お取引)を行なった方に対し、その取引と関連付けて電話勧誘を行い、教材などの商品購入を迫る手口です。

過去(1年~10年)に、電話勧誘で資格教材などを契約した方が対象になりやすく、勧誘業者はその方の勤務先に電話をし、

「過去の契約が残っている」
「続けるか、または解約するか、どちらかの手続が必要だ」
「当社で会員登録費用を立て替えていた」
「契約のために弁護士費用が必要になる」

などなど・・・「昔のことはよく覚えていない」消費者に対して、新たな申込みや手続が必要であるの勧誘をしてきます。

ときに、声を荒げ、強迫ともとれる強い口調で契約を迫ってきます。

勤務先にかかってきた電話ということもあり、会社の方に迷惑をかけてはいけないという心理から、やむなく、「はい、わかりました。お願いします。」と返事をされる方が多いようです。

後日自宅に送付される契約書の内容を見ると、勧誘の際の説明とは全く関係のない「資格教材」や「書籍」の申込みである場合がほとんどです。

電話勧誘でのお申込みは、契約書等が届いてから8日間は書面によりクーリングオフできることとなります。

また、資格教材や書籍だけでなく、アクセサリー、競馬予想ソフト、レジャー施設の会員権なども2次勧誘で勧められることがあります。

詳細はサポートダイヤル までお問合せください。
TEL 090-4210-2557 (携帯電話)
TEL 054-334-9355 (一般電話)

無料相談サポートダイヤル TEL 054-334-9355 24時間OK [土日祝日も対応]

事務所案内サイドバナー
ひらこプロフィールサイドバナー
代行料金
サポート・フリーダイヤル

クーリングオフブログ

事務所トップサイドバナー
PAGETOP
Copyright © 行政書士平子幸成事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.